パートナーシップについて|パートナー企業の募集について

Partner with EIM

パートナーシップについて

事務局
日本臨床運動療法学会

〒573-1191 大阪府枚方市新町2丁目3番1号
関西医科大学健康科学センター内 MAP
TEL&Fax:072-804-2554

パートナーシップについて

2018年9月1日日本臨床運動療法学会の下部組織としてExercise Is Medicine (EIM) Japanが設立されました。
EIMとは、米国のアメリカスポーツ医学会(ACSM)が2007年から展開するスポーツ・運動療法普及プロジェクトで、具体的な行動目標は以下です。

  1. モデル校におけるスポーツ・運動医学のコアカリキュラム化
  2. クリニック向けの簡便な身体活動アセスメントツールの開発
  3. 運動指導専門家と医師のネットワーク化による協働
  4. スポーツ・身体活動・運動と健康に関する啓蒙発活動
  5. EIM国際ネットワークの構築

既に、世界40か国以上が本プロジェクトに参加しており、各国の実情に応じて、政府機関と連携しながらスポーツ・運動療法の医療システムへの統合を目指しています。
EIM Japanにおきましても、臨床運動療法学会やACSM、関連省庁、運動療法関連学会および組織からご指導を賜りながら、主に地域におけるスポーツ・運動療法現場の課題解決に向けて鋭意努力を進めているところです。

この度EIM Japanは上記の行動目標を達成するために、パートナー企業を公募することにいたしました。パートナーシップをご契約いただいた企業様におかれましては、日本国内において、商品やサービスに付帯したロゴマーク(次々ページ)使用の権利が認可されます。また、我々のパートナーとして、スポーツ・運動療法の推進に関して協力関係を築くことができます。
EIM Japanとのパートナーシップ締結についてご検討を賜りますれば幸甚に存じます。
何卒ご検討のほど宜しくお願いいたします。

パートナーシップに関する
各種書類のダウンロードはこちら

パートナーシップ企業

CEPA

Clinical Exercise Physiologist Association: CEPA Japanは日本臨床運動療法学会の下部組織で、医療現場および福祉機関で働く健康運動指導士および運動指導専門家を中心としたネットワークです。 医療・福祉機関で働く健康運動指導士および運動指導専門家の社会的台頭とスキルアップを目的としています。特に、慢性疾患(心疾患、糖尿病、高血圧など)を有した患者への支援をフィールドとしており、今後、EIM Japanの活動を現場で普及させるための役割も担っています。

CEPA Japanホームページへ